×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

番号 37

計量機能付き液体容器



改善点
 従来の液体容器には任意分量を注げるものが無いため
手押しポンプの可動範囲を任意に制限できるようにし
その制限に応じた分量目盛りを表示して
ポンプの容積量が可変設定でき、液体の任意分量の計量と注ぎが
同時に簡単に可能な構造の計量機能付き液体容器としました。
 また、注ぎ口近くに一方向弁を設けました。


効 果
 従来の手押しポンプ容器に計量機能と計量表示を付加したことにより
@ ボタンを回して液体の任意分量の設定と、押して注ぎが可能になり
  計量スプーンやカップに移し替えて計量する必要が無く、手間が省けます。
A 特に調理用のほか食卓用の醤油さしなどに使うと簡単な操作で使い易いため、
  注ぎ過ぎなどが無く、スピーディーに任意分量を注げ、健康維持経済性にも役立ちます
B また、注ぎ口近くに一方向弁を設けたことにより、液だれを防止でき、衛生的です。
C その他あらゆる分野に使われている液体の計量を必要とする液体容器に適用できます。


本案特許出願済みです。(特願2003−394902)
通常実施権で製造・販売していただける企業の方、連絡お待ちしています。



【連絡先】
       氏 名:鈴木 喜一
       メール:mf987654@ybb.ne.jp
       電話/FAX:0426-62-0522
       住所:〒193-0944 東京都八王子市館町2300-201