×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

(番号19)
折畳式印鑑押し具


印鑑を、「コンパクトサイズに折畳むことが出来る・・・」、ほんとに?
と思った方が多いでしょう。しかし、下の写真の明るい部分を見てください。
本当に、携帯し易いコンパクトサイズに、なっていませんか。
 
和装感覚の、ちょっとお洒落な携帯ストラップに、又お 出かけのお供に、財布に取り付けておけば、急な押印が必要なときにも、きっと役に 立ちます。







役所などに行って、一度や二度、ハンコがあったらと思ったことはありませんでしたか。 つい忘れがちなのが認印ですよね。
でも、必要と認識しなければ、あえて印鑑を持って出かけないものです。
それで、イザ!というとき、近所の文具店や100円ショップを捜して、もうパニック状態。わるくすると、もう一度出直さなくてはならなくなるのです。
そんなとき、いつも持って歩く携帯電話に、ストラップ替わりに印鑑がついていたら・・・ 有り難いですよね。
携帯は使わないというこだわりの人には、財布の中にでも、いつも入れておいてください。
コンパクトで便利なだけでは詰まらないから、ウーンとお洒落に、和風にしてみました。
使うときには、チョイと指にくっつけて拇印感覚で楽しみましょう。
なんか、楽しそうでしょう?
周りのひとからの小さな羨望を受けて、ちょっと得意顔。
ほら、この国のシステムは、まだまだサインではなく印鑑の世の中だから、持ち歩くのを面倒と思わずに、逆に楽しんでしまいましょう。
そうそう、折畳式印鑑押し具では味気ないので名前を付けてみました
ゆびまき印(ゆびまきいん)と呼んで可愛がってくださいね。




シート状のものを逆方向に曲げて、指に巻き付ければ、指印の感じで簡単に使えます。
まだまだ印鑑社会の日本のシステムを逆手にとって、ちょっとうれしいゆびまき印(ゆびまきいん)を楽しんでみませんか?




現時点で、注文を受けて作った、一部のオリジナル手作り発明品です。



興味をお持ちの方は、お気軽にご連絡ください。

【製造販売】   油谷 正克
【TEL/FAX】  044−877−3133
【ホームページ】  http://www.geocities.jp/cui1106/aburaya.html
【Eメール】    aburaya@spn1.speednet.ne.jp